赤ん坊の思惑


 ある家族の元に、赤ん坊が産まれた。
 はじめ、彼は乳を飲んでいるか、眠っているかのどちらかであったが、そのうちに覚醒時間も増え、あたりをキョロキョロと見ていることが多くなった。
「何を見てるのかしらねえ」
 彼のことが可愛くて仕方のない母親が言った。
「パパのことを見てるんだよな? いつも高い高いしてあげるからな、パパのことが好きなんだ」
 赤ん坊の誕生を誰よりも喜んでいる父親が言った。
「ううん、あたしのこと、見てるんだよ」
 すると、自慢げに女の子が言った。
「だって、あたし、お姉ちゃんだから、いつも歌を歌ってあげてるもん」
「オレだって遊んでやってるぞ」
 今度は男の子が言った。
「二人で怪獣ごっこするんだ。歌なんかより、怪獣のほうが好きに決まってる」
「ええー、あたしだよ」
「オレだ」
「ほら、ケンカはやめなさい」
 母親が優しく諭し、赤ん坊を抱き上げた。
「ボク、みんなのことが好きですよーって」
「ぶう、ぶう」
 赤ん坊はくちびるを震わせ、何事か答えた。
「ほら、そう言ってる」
 母親が笑うと、ホントだ、ほかの四人も笑った。

 しかし、実のところ、赤ん坊の思惑はほかにあった。
 最近、彼が懸命に見ているものは、自分が産まれ落ちたこの「世界」というものだった。生まれたからには、この「世界」で一番になる、彼は赤ん坊ながら、偉大な志を持っていたのだ。
 しかし、どうやらこの世界にはたくさんの人間がいるらしい。その中で、自分は一体どれくらいの位置につけているだろうか、赤ん坊は考えた。
 考えてみると、どうも現時点で自分は一位ではない。なぜなら、この家にいる四人の人間。その中でも、特に乳をもらっている人間には、この先も頭が上がらないだろう、そう思ったのだ。
 しかし――彼はふと考えた。あの高い高いをしてくれる人間。あいつにもなかなか世話になっている。あいつに抱っこされると、景色が変わって面白いからな。こいつにも頭は上がらない。
 赤ん坊はさらに考えた。
 それなら、歌を歌ってくれる人間はどうだ。あの歌はなかなか心地よくて、聞いていると眠くなってしまう。しかし、もう一人のうるさいあいつも、ぞくぞくする手触りの怪獣とやらを貸してくれるからな。甲乙つけがたいが、やはり頭は上がらないだろう。
 ふむ。赤ん坊は少しの間考えて――それから、ふああとあくびをした。
 どうやら、この四人には、この先どうやっても頭が上がらない。ということは、彼らの下の僕は五位。一番になれるに越したことはないが、世界五位ってのもなかなかだぞ――そう思いながら、眠りについたのだった。